2018年08月29日

そして地球へ

なかなか体調が戻らない・・・
どうしたら良いのじゃろか・・・

無礼な!?
しゅっとした娘っこが好きならそういうゲームやりなさいよ。
10年くらい前だったら結構あったんじゃないの?知らんけど。
(まぁ確かに近年のエロゲーキャラはむちむちしてるとは思うけど、
サブカルチャーって時代に合わせないといけないものじゃないのかしらね?)

脱がないスーパーリアル麻雀はスーパーリアル麻雀ではありません。
あとびっくりしたけどキャラデザがP6の人なのね。
絵柄がずいぶんと変わってまぁ・・・
(ただ、あの90年代特有のぺろっとしたキャラデザはあんまり好みではないので)

なに?焼津にこんな場所があったの?
つか舞台、焼津だったの?
全然しらんかったわ

作者も発売日に買って遊んだ思いであるゲームです。
金城武氏の演技が棒で呆れかえりまくりの。
音声取り直しらしいけど、少しは上手くなってるの?あの方?
posted by キョルノフ at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

蒼き流星となって

同じ事を繰り返して申し訳ないですが
作者が描いた人妻エロマンガが載ってる『web配信 月刊隣の気になる奥さん vol.16』が
8/26に配信される予定となっております。
イラスト1.jpgイラスト2.jpg
もう間もなくです。(もうすぐか・・・)
よろしくお願いいたします。

『消し』に関しては、出版社さまから「細かく描いてね」と言われましたので
実に細かく描きました。
推して知ってください。

こぅ、ぐむむっ、なんとか、ちょっと、こうなんとかすれば
何とかなるような気がしないでもない・・・

タカオ級はチョロいメンタルモデルが多すぎる気がしないでもないですが
海外艦であるレパルスさんもたいがいな気が・・・

動くお尻だけ見ていると幸せな気持ちになれます。
posted by キョルノフ at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

宇宙(そら)にむなしく

Pixivのフォロワーの方が増えてくださって大変ありがたいことですわ。
このフォロワーさんのPixivブックマークをみる事が出来るんですけど
あぁ、この方はこういう趣向でフォローしてくださったのか
という方と
何故この方は作者をフォローしてくだったのだろう
と疑問に思う方とに大きく別れます。
なんかこういうのはとても面白い。統計取ると何か見えてきそう。
クラスタ分析とかやってみたいな。

そんな細かい事知らなくても十二分に楽しめるアサシンクリード。
かつての大都市アレキサンドリアを歩いて、こんなとんでもない街並みを3000年以上前に作ってたって
どういうことやねん!?って気持ちになれます。

いいねぇ
作者がジャリガキだった頃にはマクロスのプラモが大層流行っておりまして
ジオラマ作りを特集した本なんか結構売ってましたよ?
作者も例に漏れず針金に綿を巻いてマクロスのミサイルを表現したりしてましたよ?
今の子供達はこういうものには興味を持たないのかな?

作者が観ていた頃はやっぱりジャリガキだったので
お腐れ様のターゲットになっている事なんて微塵も知らなかった。
知らなくて良かった。
ただ、作者自身はゴッドマーズにそれほどの面白さを感じていたわけではない。

◆プリキュアをたくさん描くと美少女を描くのが上手くなるらしい : ああ言えばForYou
マジかよ プリキュアのママを描いても美熟女を描くのが上手くなりますかねっ!?

いつもの『うどん茹ですぎて水が足りん』ネタかと思ったら
頭の良い人の出現であっというまに話が別方向に。
こういう賢い人に私はなりたい。


続きを読む
posted by キョルノフ at 23:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

さよならの赤い星

みんな「暑い」と同じ事しか言わないから言わないけど
言ってくれる相手によっては、それは魅惑の言の葉と化す。
『暑すぎるから、ブラジャー、脱がせてくれる?sou09.wav

ついにあの井上喜久子お姉さん(17歳)の音素を用いたボイスロイドが登場だっ!
発表された日に予約をし、発売日にダウンロードを行い、
むにゃむにゃな言葉を言わせまくってホッホー!ってなってるんです。暑い所為です。
なんていうか、語尾が素晴らしいんです。
作者が作ったサンプルを聞けぃ!
『ごめんね?コンドームは着けさせてね?sou01.wav
『いい子だから、我慢して?お母さん、妊娠しちゃうわ?sou03.wav

bootup!社の新作『ままはは2』が発表です。
熟愛 だそうです。
近くて遠いジュクジョ達と仲良くなるんでしょうし
仲良くを通り越していつものようにお腹がボテっとなっちゃたりするんですけど
らぶらぶだったらうれしいんです。

アニメ版『シュタインズゲートゼロ』も中間地点を越え、
周囲のキャラがオカリンのために大きく動き始めました。
無印と違って、ゼロのオカリンは自ら動く事をしないからね。
だた、そのオカリンもなってきましたね。
比屋定さんに説得された後のあの顔は『執念オカリン』そのものですねぇ。
そろそろ第3次世界大戦がはじまります。
α世界線より救いのない世界になっていってしまうのです。
(ファミコンカセットの話してないな)

PCでナウシカのゲームがある事は知っていました。
そして少年期の作者がソレが欲しくて欲しくて溜まらなかったんですが
「忘れじのナウシカ」とかマジで酷いからやっぱいらなかったですわ。

こっちゃこ!こっちゃこ!

最近ではアニメにもなってるGAROの雨宮監督の作品です。だいぶ古いね。
アニメ版もあって、出来も良いんだけど、ヒロインのイリアさんが妹キャラでちょっとがっかりした。

posted by キョルノフ at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

燃えつきたあとに

作者のデビュー人妻エロマンガ「おつきあいはできないけれど」につきまして
ツィッターなどでもたくさんの応援をいただいております。
まっことありがとうございます。
画像が低画質なのはご容赦ください。
あとしばらく宣伝が続くと思いますが、こちらにつきましてもご容赦ください。

◆今回マンガを描く事になった経緯について
・ある日、突然一水社編集者の方から作者のPixivにダイレクトメッセージが届いた。
・曰く『キョルノフ様の作品を拝見致しまして、是非当社にて原稿を執筆して頂きたく、メール差し上げました次第です。
・ありえねぇ こいつぁサギだ 作者はそう思った。(すみません)
・だって作者の絵を見て商業誌に載せようとか思うかい?作者は思わねぇ。(ほんとすみません)
・実際、それまでもうさんくさい勧誘がいくつか来ていたのだ。
・大抵外国人。日本語が定型文で送られてきて作者の名前すら書いてないんだもん。
・中には英語のまま送ってくる人もいる。
・作者は生粋のジャ○プだっての!日本語以外しゃべれないっつーの!
・お断りすると残念です、と返事が返ってくる物が殆どだが、後悔するぞ、みたいな返事を送ってくる輩もいる。
・脅しかよ
・そんな理由もあって、最初は否定的だったんだ〜
・でも一水社さんのメッセージには連絡先や住所まで書かれてあったので、とりあえず連絡を取ってみた。
・直接の連絡で、まず最初に原稿料の話が先方からあった。
・あぁ、これはちゃんとしてる会社さんなんだ、と思った。
・でも作者はマンガなんて描いた事がない。それに普通の会社員だ、それでも良いんですか?と尋ねた。
・すると、そういう人が多いというお話だった。マンガ家を専業にしている方ばかりではないらしい。
・どうなるかは分からないが、とりあえず描く事にした。
・作業開始。まずはプロットとキャラ表。「今回はこういう話にしましょう」というおおまかな指示が最初にあった。
・そりゃそうだ。
・その指示に従ってプロットとキャラ表を作成。割とあっさり通った。
・あ、主人公の男の子だけ「これだとショタすぎるので、もう少し年齢を高くしてください」
・ショタすぎた。すんませんでした。
・しょうがないんだ。基本おねしょたなんだもん。ままショタなんだもん。
・次にネーム。これが一番大変だった。コマ割りとか全然分かんないんだもんよ。
・「マンガコマッタラー」というコマ割り自動作成も使用してみた。
・無料で使用させて貰っておいて大変恐縮なのだが、参考にならなかった。
・作者の私的な意見です。
・16ページの中に、大半をエロページにしつつ物語を収める。超しんどい。ページ足りねぇ!ってなったことも。
・結局ネームは1回ボツをくらった。でも1回だけだった。多分大目に見てくださったのだろう。
・特に1ページ目についての指示が細かかった。
・最初に舞台になる建物を描く事、ヒロインを大きく魅力的に描く事、など。
・エロマンガのお約束みたいなものがあるようだ。
・言われていくつかのプロ漫画家さんの作品観てみたら、あぁほんとだ。たしかにそうなってるわ。
・ははーん 気づきもしなかったぞ。(ぼんくら)
・あと背景はちゃんと描くように 柄トーンとかでごまかしちゃダメと言われた。
・だから一生懸命背景描きました。建物もがんばって描きました。建物ちゃんと見てくださいね!
・あ、あんまりまじまじ観なくて良いです。パースとか絶対おかしいんで。
・実際の作画開始。
・ご存じの方も多いと思いますが、作者の絵はまったく安定してません。
・同じキャラでも2枚目はもう違う顔になったりするもん。
・さすがにマンガでこれはいかんだろと、と考えて作中のヒロインはキャラ表にとことん従う事に決めていた。
・ヒロインの三面図を描いてひたすらそれに沿って描いた。
・だからヒロインの顔はさすがに安定していると思う。でも怪しい部分もたくさんある。
・自分が思うエロスをバシバシぶつけるよう、との助言をいただいたのでバシバシぶつけた。
・よって画面がおっぱいだらけ。
・特に作者はブラジャーを脱がしておっぱいが弾け出てくる画面が好きなので、そこは描きたかった。
フクダーダ氏はこれをちゃんと描いて下さる方だ。
・男女の絡みはほんと難しい。のでパースで逃げた。すみません。
・エロマンガ描くと絵が上手くなるとよく言われる。これは正しい。
・性器はきちんと描いてねと言われたので、めっちゃ力を入れて描いた。超楽しいったら!
・そこ、楽しみにしててください。
・描いてるうちに台詞や構図がネームと違ってきた。あぁ、もう本当にすみませんと謝りながら描いた。
・ネームが甘いんだ。要するにそういうことだ。完成形が見えてないんだ。
・今回の作品はフルデジタル作成です。クリップスタジオには大変お世話になってなりっぱなしで。
・このクリスタことクリップスタジオ。ツィッターとかでコレに対する文句ばっか言ってる人が結構いる。
・コレが嫌なら前作の古いコミックスタジオでも使っていれば良いんですよ。強制されてるわけでもないのに。
・こんな低価格でマンガ描くのに適したソフトめったにないよ。
・不満がないと言えばウソになるけど、便利な点をまるで無視してるもん。
・話がそれた。
・漫画描いてるうちに色々飽きてくるので別の絵を描いたりする。
・頭が良い人がやる、勉強のあいまに息抜きとして他の勉強する、に近いかもしれない。
・マンガ家さんがラクガキ(と称するには出来が良すぎる他の何か)をアップすることに文句を言ってはいけない。
・あれは息抜きの作業なのだ。息抜きは必要なのだ。プロだから分かるのだ(何を偉そうに)
・息抜きに描いた絵で、新しいテクニックを発見したりするのだ。
・だからあれは必要なのだ。
・でも締め切りをブッチするのはダメ良くない。
・作者の作品は紙印刷される事はないと思って、フルグレースケールで作成しました。
・トーンは未使用です。
・一部にトーン使ったらモアレが出てしまった。難しいよ。
・グレースケール作成は、カラーで描くのとほとんと同じような作業になるので作者的には楽でした。
・たった16ページですが、1日1〜2時間の作業でかなりの時間を要しました。
・締め切り守って提出。結構ギリギリだったんだ すんません。
・編集さんに提出してから、掲載のクオリティに無い、なんて言われて載らなかったら悲しいななどとネガティブに。
・でもまぁとにかくがんばって完成させました。よろしくお願いしますっ!

・えっと、作者は自分から編集さんに原稿を持ち込むとかそういうアクティブな性格ではありません。
・でもPixivに描いている絵を見て「描きません?」と向こうからお誘いをかけて下さる方がいらっしゃいます。
・こんな風にデビューすることもあるんです。
・偉そうに言わせて貰えば、描く事止めないでアップし続ければこういう事も起こるという事です。
・プロ絵描きの道を目指している方、がんばって下さい。



posted by キョルノフ at 07:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする